取扱い商品紹介

取扱い商品紹介

穀物不使用!お魚のご飯 【FISH4DOGS(フィッシュフォードッグ)】

FISH4DOGS(フィッシュフォードッグ)

わんちゃんに与える食べ物が良ければ良いほど健康になると信じ、愛情を込めて作られたフードです。
天然素材・無添加は当たり前。フードに使われている魚は皆様の食卓に並ぶ魚と同じ食材です。
主要となる栄養素の蛋白質には消化の良い新鮮な魚・炭水化物には穀物不使用でポテトを使用しています。またサーモンオイルをはじめ、30種類の必須栄養成分配合により、栄養バランスをベストな状態に保ち、体内での接種吸収率を高め、健康な皮膚・関節・甲状腺機能をサポートします。

 

~なぜ穀物不使用がいいのでしょうか??~
犬本来の食事は肉食性です。腸が短く穀物の消化には適していません。
犬の祖先である狼と私たちの犬は全く同じ消化器を持っています。
犬の消化器官は短く、肉をベースにした高たんぱくの食事に適応し、たんぱく質を効率よくエネルギー源として使用するように出来ています。
犬は穀類を食べるように体はできていません。穀類などの炭水化物は肉食動物の犬にとって消化が困難です。犬は植物や穀物をベースにした食事をすることはできても、早期に栄養バランスを崩してしまうことがあるといわれ、最近では獣医師などの専門家は、犬の健康問題の主要な原因は穀類と炭水化物にあると提唱しています。

穀物の粒は一般的な市販ペットフードの主要な成分です。多くの人たちは1つのペットフードを選択し、長期間にわたり犬にそれを与えます。したがって、それらの犬たちはわずかな種類の炭水化物の食物を食べることになります。
現在の犬の食事は彼らの祖先が食べていた多くの種類を備えたたんぱく質の食事とはかけ離れたものになっています。

犬は動物性たんぱく質の摂取に適した体になっていて、たんぱく質の品質が高いほど消化率が高いことが分かっています。犬は健康を維持するためにアミノ酸を必要とし、アミノ酸は特に動物性たんぱく質に含まれています。穀物を使わないで、良質な動物性たんぱく質を多く配合されているフードこそが、肉食性の犬本来の食事といえます。これらは猫にも全く同じ事がいえます。

穀類が犬にとってアレルギーの原因となる可能性があります。
穀類は犬にとって食物アレルギーの多くの原因になり得ます。特に小麦、トウモロコシ、グルテンは犬のアレルギー源になる可能性があります。
中でも小麦が最もアレルギー性が高く、消化率(64%)も低いとされてます。小麦の最大の欠点は、そのグルテン含有量の高さにあり、犬は小麦グルテンを適切に消化するための消化酵素を持っていません。
犬によっては小麦グルテンを摂取することによって胃や皮膚にアレルギー反応を起こします。

ペットであるわんちゃんは基本人間から与えられる物しか食べる事ができません!!是非一度お家のご飯見つめなおしてみて下さい・・・

最高級シャンプー 【ラファンシーズ】

ラファンシーズ

当店で常時使用しているラファンシーズです。
皮膚・被毛への優しさと安全性・よりよい仕上がりを考慮されている毎日でも使用できるシャンプーです。 皮膚・被毛を弱酸性で保ちながら、特殊タンパク質・マリーンコラーゲン配合で毛を内部から健康にします。

 

~ラファンシーズとは~
汚れを落とすだけのシャンプーのあり方から、被毛や皮膚の健康管理が、ペットの身体と心の健やかさの維持につながるという考えが商品開発の原点となっています。
ペットの被毛や皮膚の健康-。 1.清潔であること、2.弱酸性pH5前後に保たれ、雑菌類の活性化を抑制することにあります。
『健康で美しい被毛をつくる』-
ラファンシーズを語る全ての基本的な考え方はそこから始まっています。

こだわりおやつ 【匠の逸品】

匠の逸品厳選素材を使った「こだわり」商品です。
わんちゃんの健康を第一に考え、素材感・旬を重視し、国内の工場でひとつひとつ丁寧に手作業で作りました。

このページのトップへ